日本で使ってても韓国では通じない言葉!?

約束は韓国語でヤックソクとか、無視はムシとか


日本語も韓国語も元々、漢字から来た言葉が多く、言葉が似ていたりしますよね!(^^)!♪


そんな中、「いや、それは言わないよ!」と韓国人の友人に言われた日本語を4つご紹介したいと思います♡


今回は料理編と生活編で2つずつ分けてみました☆

料理編①チョレギサラダ

チョレギサラダは皆さん食べた事あるのではないでしょうか?♪


チョレギサラダのチョレギ、実は韓国ではあまり使われていない言葉なんです!!!

韓国では겉절이(コッチョリ)と言います!


「あまり使われていない」というのは全く通じない、というわけではなく、チョレギという名は「方言」ということだからです!


コッチョリの慶尚道方言がチョレギ(現地ではチェレギ)と呼ばれていて


そちらの言葉が、ある日本の有名な会社が使用し、日本で出回り有名になってしまったそうです!

日本で有名なチョレギサラダはサニーレタスなどの野菜をごま油や醤油で和えたものですが


韓国でのコッチョリはサンチュや白菜、ニラなど色々な種類があります!

コッチョリという言葉自体は「浅漬け(ここでは“漬ける”というより作ったらすぐ食べられるものを指します!)」という料理方法であって


韓国では「サンチュコッチョリ」「プチュ(ニラ)コッチョリ」と呼ばれる事が多いです!

料理編②チヂミ

チヂミは韓国の代表的な料理と言えますよね!


しかしこの"チヂミ"という言葉も実は韓国であまり使いません!

韓国では一般的に전(ジョン)と言われます!


チヂミというのもチョレギサラダ同様慶尚道の方言なのです!


ジョンという言葉は生地の名前なので「プチュ(ニラ)ジョン」や「パ(ネギ)ジョン」のように使います!

全てを読む

関連するキーワード