韓国女子もがっかりTTな最悪のプロポーズ法”まとめ☆

相手に良かれと思ってしたプロポーズが実は喜ばれていなかった・・・!?


一見ロマンティックに見えるけど自分がされたら結婚する気も失せちゃう、韓国女子が選んだ”最悪のプロポーズ法”をまとめてご紹介します☆


一番テンションが下がりそうなプロポーズとは??

#フラッシュモブ

韓国ドラマ「紳士の品格」の1シーンで出てきたフラッシュモブプロポーズ!


知人たち総動員で街中で行われたフラッシュモブは、良かれと思って頑張った不慣れなダンス・・・;;

作中ではイケメン俳優チャン・ドンゴンがやっていましたが現実では…

こんな華やかなプロポーズを全ての女性が喜ぶという考えは大きな誤算TT


公開的なプロポーズをすると嫌だと断ることも出来ない・・・


結婚したい相手だったとしてみとても多くの人の前で恥ずかしい思いをすることになります(´;ω;`)!!

#公演場での公開プロポーズ

上のケースと似ているプロポーズ!


スポーツ競技場やコンサート会場、演劇ホールなど最近はプロポーズ出来る場所が増えています☆


劇場やコンサートではプロポーズするための座席も売られていたり、公演の中間でプロポーズするための時間が設けられることも!

このプロポーズ法は好き嫌いが結構別れる方法で、多くの人の視線が集中することを嫌う人には不向き><


フラッシュモブと同じくらい恥ずかしい思いをする日になってしまいます・・・!

#無関心な感じで突然

韓国ドラマ「応答せよ1997」で歌手兼俳優ソ・イングクが、Apink チョン・ウンジにプロポーズしたシーンは、とっても無心な求婚で話題になりました!


このシーンでソ・イングクは”当然結婚するのに何がプロポーズだよ”といい、相手の悲しい心の叫びが画面を通して聞こえてくるようでしたTT

何気ない状況でプロポーズされることを好む場合もありますが、一生に1度のプロポーズなら意味のあるプロポーズが理想ですTT

全てを読む

関連するキーワード