著作権料で稼ぎまくっている「印税富豪」アイドル6人♡

韓国には作詞作曲を自らこなす多彩なK-POPアイドルが多数存在します!


中でも作詞作曲の楽曲が大ヒットを連発し、著作権料でかなり稼いでいるというK-POPアイドルを6人ご紹介します♡


どのK-POPアイドルも大人気スターばかり!


好きなK-POPアイドルが居るかチェックしてみましょう(≧▽≦)♪

1 . BIGBANG G-DRAGON

G-DRAGONは韓国国内の作曲家TOP5(著作権料収入基準)に入り、毎年約8億₩(約8,000万円)の著作権料を得ている実力派!


著作権協会に登録されている曲だけでも153曲にも及ぶんだとかΣ(゚Д゚)♡


またBIGBANGは2015年のたったの1年間で500億₩(約50億円)に近い収益を達成した記録まで持っています!

2 . BLOCK B ZICO

ZICOが作った曲は年間ストリーミング回数だけでも約2億5000万回Σ(゚Д゚)!!


BLOCK Bとソロ、FANXY CHILDとして活動した曲全てで音源チャート上位をマーク!


ZICOが出した曲は無条件でヒットするといわれるほどの実力派☆

3 . B1A4 ジニョン

ジニョンは2016年に印税富豪に急上昇!


自身のグループの楽曲はもちろん、「PRODUCE101」に提供した楽曲もヒットを連発♪


多彩な作曲センスで大衆から愛されるプロデューサーです♡

全てを読む

関連するキーワード