韓国の世界番付♪

今や世界的にK-POPや韓流が大人気となっていますね♪


今回は”数字で見る韓国”というタイトルで世界の国々と韓国をテーマ別にランキング形式で比較してみたいと思います!


日本のランキングもあるので参考にしてみてくださいね♪

インターネット普及率

今や会社はもちろん、一般家庭などには必ずと言っていいほどインターネット環境が整備されています。


どれくらいインターネット環境が整っているかを示す指標に”インターネット普及率”というものがあります。


ここでは人口100人当たり何%がインターネット環境を整えているかというデータでランク付けをしました。


例えばインターネット普及率が50%だと、人口の半分がインターネットを使える環境にいるということになります。

国連の専門機関ITU(International Telecommunication Union)によると、2015年の韓国の普及率は世界16位の89.90%、日本は9位の93.33%でした!

2016年のデータでは韓国が16位の92.72%、日本は17位の92%でした♪


2カ国とも世界トップクラスの普及率です!

ちなみに世界1位はアイスランドの98.24%でした♪
(フォークランド諸島というデータもありますがここでは国単位で見ていきます)


他にもリヒテンシュタイン、ルクセンブルク、ノルウェー、モナコなど、人口が少ないヨーロッパの小国の普及率は高い傾向にありました。

インターネット速度

続いては、2016年第一四半期のインターネット通信(固定ブロードバンド回線速度)の平均速度を国別にランキングしてみました。


アメリカの会社”Akamai”によると、日本は全体で7番目に速い平均速度17.1Mbpsを記録しており、

一方の韓国は堂々の世界1位で29.0Mbpsでした!


2位のノルウェー21.3Mbpsを大差で引き離す結果になっています。


さすが、もどかしいことが大嫌いなインターネット大国の韓国ならではですね…ㅎㅎㅎ

スマートフォン普及率

今や全員が持ってるのでは?と思ってしまうほど普及してきたスマートフォン。


そんな日常生活に欠かせないスマートフォンの普及率をランキング化してみました。


日本の会社アウンコンサルティングによると、主要な38の国と地域のランキングでは韓国が91%で1位!(同じ91%のUAEとシンガポールも同じく1位)


一方の日本のスマートフォン普及率は59%で36位でした。


日本は国内の独自の携帯電話が発展した、ガラパゴス現象と言われる特徴が普及率の低さにつながったのではという意見もあります。

ネットショッピング利用率

世界中でスマートフォンやタブレット端末などの普及に伴って、ネット通販の市場規模も拡大し続けています♪


上のグラフはGrobalWebIndex(GWI)によって発表されたインターネットで買い物をする「ネット通販」の国別の普及率を示すものです。(調査年は2014年)

全てを読む

関連するキーワード