もともとは他の歌手が歌う予定だった大ヒットK-POPまとめ♡

今まで数々の大ヒットK-POPソングがありますが、なかには”もともとは別の歌手が歌う予定だった曲”があります!


今回はどの曲が誰によって歌われるものだったのかご紹介します♡


他の人が歌ったらどんな感じなのか想像しながら読んでみましょう(≧▽≦)♪

EXID「위아래’ (UP&DOWN)」

EXIDのヒット曲「UP & DOWN」はもともとラッパーのジェシが歌う予定だったといいます!


これはメンバーのLEが音楽番組に出演したときに告白したことで明らかになりました☆


作曲家も「元はジェシのソロ曲だった。だけどジェシとは雰囲気が合わなかったのでEXIDにあげることになった」と話しています!

少女時代「Into The New World」

少女時代のデビュー曲は先輩歌手の「M.I.L.K」の曲だったんです♪


「M.I.L.K」は現在ドラマなどで大活躍している女優のソ・ヒョンジン所属の4人組で、SMエンターテインメントのガールズグループでした!


この曲はもともと「M.I.L.K」の2集のタイトル曲でしたが、メンバーの1人が脱退し、アメリカに戻ってしまったことで活動が難しくなり、少女時代の元へ行くことになったんだとかΣ(゚Д゚)

GIRL’S DAY「Something」

GIRL’S DAYをより人気グループへと成長させたこの曲は、もともとSISTAR出身のヒョリンのソロアルバムに収録される曲だったといいます!


作曲家は「ヒョリンにサビを聴かせたが反応がいまいちで、考えてみたらGIRL’S DAYに合うような気がして、そちらに渡すことになった。」と話しています♡


ヒョリンが歌っているバージョンも聴いてみたい気がします!

全てを読む

関連するキーワード