”今さら聞けない”ビューティー百科事典【肌トーン・凹凸補正編】♡

欠点のないつるんとした肌や、ほんのりツヤ感のある韓国女子のような肌メイクに憧れている人も多いのではないでしょうか??


そんなツヤ肌や欠点のない肌を作るために重要な働きをしてくれるのが”ベース・プライマー”製品♪

今回はメイクのノリを良くして持続力を高めたり、より明るい肌を作るために使用するベースやプライマーについて勉強していきます!

前回特集した【紫外線予防編】の記事もチェック!

ベース/プライマーとは?

まずはそれぞれの用語の説明をしていきます!


赤み、ニキビ、そばかす、着色などをカバーしてくれたり、肌にツヤを与えてくれるのが”ベース”。


そして、毛穴や凸凹を整えてつるんとした肌にしてくれるのが”プライマー”です♪


この2つをうまく使いこなすことで肌メイクは一段と美しくなるんです(≧∀≦)♡

カラーベース

ベースには大きく”カラーベース”、”パールベース”、”水分ベース”などがあります!


中でもカラーベースは肌トーンに合わせて違ったものを選ぶ必要があります☆

カラーコレクターの原理

肌の赤み部分に緑色のカラーベースが有効なのは”補色”の原理が働いているから♪


※「補色」とはいわゆる反対色のことであり、一定の割合で二色を混ぜ合わせると白色光に、絵の具では灰色になる関係にある二つの色のことを言います。


赤の補色が緑であるため、肌でも同じことが言えるんです♡


赤みの多い肌に緑のカラーベースを塗ると、赤みを緩和して綺麗な肌にしてくれるという訳なんです☆

水分ベース/パールベース

パールベースは微細なパールが入っているので顔をより立体的に、ボリューム感があるように見せてくれます!


水分ベースはしっとりした肌表面にするためによく使われます♡

パールベースの効果

全てを読む

関連するキーワード