韓国の地域別”スンデにつけて食べるヤンニョム”特集♡

日本でも地域によって味付けが違うように、韓国でも地域によって食べ方や味付けも様々♡


韓国を代表するB級グルメの”スンデ”も地域によってつけて食べるヤンニョムが違うんです!


各地域ごとのヤンニョムをご紹介します♡

スンデって?

スンデは豚の腸の中にもち米や春雨などを詰めて蒸した料理のこと♡


「韓国式ソーセージ」とも言われています!


見た目や独特な味で敬遠する人も多いですが、一度食べると病みつきになるという人も多いメニュー( *´艸`)


韓国屋台フードの定番です♡

1. 새우젓(セウジョッ=小エビの塩辛)

小エビの塩辛につけて食べるのは천안(チョナン), 강원도(カンウォンド)です!


スンデスープにこの塩辛を入れると更に美味しくなるように、スンデとも相性抜群!


강원도(カンウォンド)ではこの塩辛にコショウを混ぜた塩をつけて食べることもあるんだとか☆

2. 후추 또는 고춧가루&깨 섞인 소금(コショウまたは唐辛子の粉&ゴマを混ぜた塩)

コショウ+塩+唐辛子+ゴマをつけて食べるのは경기(ギョンギ), 서울(ソウル), 인천(仁川), 대전(大田), 충남(チュンナム), 강원(カンウォン), 경북(キョンボク)!


これが最も一般的なヤンニョムです♡


ソウル旅行でスンデを食べた人は基本的にはこのヤンニョムだったのではないでしょうか??

3. 막장 (マクジャン)

マクジャンにつけて食べるのは경북(キョンボク), 전북(ジョンボク), 대구(大邱), 울산(蔚山), 경남(キョンナム), 부산(釜山)!


スンデをつけて食べるマクジャンはスンデとの相性が抜群なんです♡


香ばしくて甘さのあるマクジャンをつけるといくらでも食べれちゃうおいしさというので、一度は味わってみたい( *´艸`)

4. 초장(チョジャン)

全てを読む

関連するキーワード