韓国の大学入試試験“スヌン”の日によく見られる光景まとめ♡

韓国で最も大変でツライ時期は”高校3年生”と言われるくらい過酷な大学受験!


韓国では“スヌン(修能)”の日は、“受験生の為に電車やバスなどが混雑しないよう企業なども出勤時間を変更”したり、“渋滞で遅刻しそうな受験生を警察の白バイが受験会場まで送る”、“リスニングテスト中は飛行機の離陸をしない”など国を挙げて受験をバックアップしています!(◎_◎;)


今回はこの日のために頑張って来た受験生とその家族、受験生を支える周りの人達など、毎年見られる大学入試の光景をまとめました☆

#試験当日は寒い

前日までは温かかったのに、試験当日は怖い位に寒い!と、毎年言われています。


韓国の11月は結構冷え込む&テストの緊張感から寒さを倍感じるものです...!

#校門前で後輩たちが応援してくれる

試験を受ける先輩を応援するために試験会場の前には後輩が集まっています!


もちろん後輩だけでなく家族も集まっています♡


でも受験生たちはとても緊張しているから気が気じゃないんだとか!(◎_◎;)

#お祈りしている

試験会場の前では手を合わせて子供の成功を祈っているご両親の姿を見ることが出来ます!

教室の中でも祈っている受験生の姿も必ず見ることが出来ます!


みんなこの日のために頑張って来ているからお祈りしたくなってしまう気持ちもわかります(´;ω;`)

#遅刻生徒の送迎

試験時間に間に合わない学生たちは国を挙げてバックアップ!!


パトカーやバイクに乗せてもらって試験会場に来る学生も必ず見られます☆


この日は国で最も大切な”受験生たち”!


国民も応援しています(*’ω’*)

#チョコレートが大量に配られる

全てを読む

関連するキーワード