【第二弾!】語学本では学べない韓国語!?

韓国語でも語学本や辞書には載っていない“スラング”や略語☆


今回はあまり使ってはいけない!?韓国語の“スラング”をご紹介します!

悪口や良くない意味で使う言葉なので“こんな言葉もあるんだ”程度で思って、絶対使わないことをお勧めします( ; ; )

過去記事【第一弾】韓国の学生がよく使う「“スラング”と“略語”」♪

1. 口説く 『꼬시다』 (コシダ)

→『꼬시다』は異性を誘惑する時に使われる言葉です。


誘惑するという意味である『유혹하다(ユホッカダ)』は甘い言葉で異性に言い寄るという意味ですが、『꼬시다』はもっと言葉たくみに言い寄るという意味です。


ナンパするみたいな感じですㅋㅋㅋ”

2. 誘惑してる 『끼부리다』 (キブリダ)

→これも異性を誘惑するときに使われる言葉です。


『끼(를) 부리다』(キ(ルル) プリダ):“色気を発散してる、誘惑してる”という意味

3. 浮気者 『바람둥이』 (パラムドゥンイ)

→「浮気をする」は『바람 피우다(パラム ピウダ)』で、浮気をよくする人を『바람둥이』または『선수(ソンス):選手』と言います。


特に男の浮気を指すことが多く、女性の『바람둥이』は尻軽女という意味となり、男と意味合いが異なってきます。


儒教の国ならではの男女不平等ですねΣ(・□・;)!

4. (男の)不倫 『오입질』 (オイッチル)

→『오입질』は『오입』+『질』で、誤入+〜する行為の卑語。


女性の場合だと、『불륜의 관계를 갖다(プルリュネ クァンゲルル カッタ):不倫の関係を持つ』と言います。


ちなみに新聞記事などでは『정을 통하다(チョンウル トンハダ):情を通じる』という控えめな表現を使います。

5. 二号 『세컨드』 (セコンドゥ)

全てを読む

関連するキーワード