韓国芸能界の関係者に聞いたドラマ撮影現場のQ&A♡

”すべてのスタッフがとても優しくて撮影現場が楽しかったです。”と、韓国の俳優や女優が撮影終了後のインタビューで答えているのを聞いたことありますよね☆


もちろん撮影現場が本当に楽しかったから言っているはずですが、撮影現場の裏事情をわからないファンからしたら詳しく知ることが出来ない世界ですよね(>_<)!


実際、ドラマ撮影の現場はバタバタしていて、いつも忙しく、時間があっという間に流れると言います!


テレビドラマの中の美しいシーンや、カッコいい場面を作り上げるためにどれだけの苦労が詰まっているのでしょうか?


今回はいろいろなアクシデントが起こると言われているドラマ撮影現場の秘話やビハインドについてご紹介します(*^^*)♡

Q.普通“1シーン”を何回撮るの?

よく撮影のビハインドを見ているとNGシーンが流れたりしますよね!


実際は1つのシーンあたりにどのくらいの回数を撮っているのでしょうか?

ドラマプロデューサー A

シーンによってかなり違います。


ドラマが1時間なら、通算的にシーンごとに1分程度に編集されます。


全60~70シーンあると考えていいのですが、もし1つのシーンが5~10分程度出てくるとしたら相当な時間撮影されたことが分かります。


ある程度の分量があるのか、どれだけ撮ったのかによって変わります。

俳優事務所 マネージャー B

実際、顔だけ映るようなシーンの場合は3秒で終わることもあります。


逆に一日中掛かるシーンなどもあります。

俳優事務所 マネージャー C

どんなシーンなのか、どれだけの人が出るのかによって大きく左右されます。


出ている人が多いシーンは、その分時間がかかります。

Q.主演・新人の待機時間の差は大きい?

出演時間が長い主演俳優と、脇役で出ている新人俳優達は待機時間が大きく違うのでしょうか?


実際どれくらいの時間待たなければいけないのでしょうか??

ドラマプロデューサー A

撮影の優先順位が主演と先輩俳優達です。”主演だから”待機時間を短くしてあげている訳でなく、それだけ主演の分量が多いから自然と主演は待機時間が短いのです。

俳優事務所 マネージャー B

新人だから長い時間待っているという事が最近は少なくなっています。


特に時代劇の場合は場所に合わせて撮影の順番が変わります。それに監督によっても大きく変わります。

俳優事務所 マネージャー C

全てを読む

関連するキーワード