韓国歌手IU、寄付して叩かれた理由とは?

今回、韓国江原道(カンウォンド)の大型山火事で被害を受けた住民のために多くのスターたちが寄付をしました。

歌手IUも1億ウォン(約1000万円)の寄付金を送りました。


IUは本当によくボランティアをしたり、寄付をしたりと良い行いが褒めらると思ったのですが・・・


寄付をして悪口を言われてしまったんです><!


今回は、そのお話についてまとめてみました!

話題になっているIUの寄付問題について!

1億ウォンも寄付し、その心が本当に素晴らしいと思いますが・・・


“一体なぜ悪口を言われているか?“

最近、あるネットユーザーは”IUの不審な寄付”というタイトルの書き込みをオンラインコミュニティに掲載しました。


その文の内容はこうでした。


↓↓↓

“山火事による被害地域自体が山奥だ。


小学校も全くなく、農業を営む年寄りや田園住宅を建設して暮らす引退者たちだけだ。


ニュースを見ても年寄りたちだけ出てきて泣いている。


江原(カンウォン)の山火事の被害復旧のために、子ども関連財団に寄付したのは間違いだった。“

そのネットユーザーは・・・


”江原道で発生した山火事の被害者の大部分が老人なのに、なぜ子供財団に寄付したのか”、おかしいと話しました。


さらにそのネットユーザーは・・・


”過去にIUが、当該子ども団体を通じて何度も寄付したことがある。 怪しい”と疑惑を提起しました。

IUは、緑の傘の子供財団に寄付をたくさんしてきたんですよ。


一ヵ所に続けて寄付をするのがおかしいとする世論が起こりました。


それで、緑傘の子供財団が直接説明しました。

緑の傘子ども財団は、江原道(カンウォンド)山火事発生の翌日の5日、火災現場を訪問して財団の支援、児童の被害現況を把握した。


財団の支援家庭の4家庭は、今回の火災によって住居地が全焼した残念な状況で、残りの多数の家庭も追加被害を懸念して緊急待避所に避難した状況だった。

どうやらお年寄りたちの被害が大きく、子供達の被害はほとんどなかったんですね・・・!!


IUの寄付金が良いところに使われると良いのですが・・・。。。

全てを読む

関連するキーワード