日本人と誤解されたという韓国芸能人!

韓国のドラマ・映画には、韓国人が日本人役をする事もしばしば・・・


そこで今回は、日本人役を演じたことで”日本人に誤解された”という韓国芸能人4人をご紹介します( *´艸`)♪


見た目も日本人のようなビジュアル、日本語での演技を披露したという作品は要チェックです!!

①女優 チェ・ヒソ

過去に放送された韓国tvN番組「人生居酒屋」に出演した女優チェ・ヒソ!


彼女は・・・


「出演作品で日本の女性の役目を多く果たしたため、日本人女性と誤解されたことが多い」


と打ち明けました!!

この日の放送でチェ・ヒソは・・・


「映画”ドンジュ(동주)”に続き ”パクヨル(박열)”でも日本人女優を演じることになった。そのため、パクヨル製作発表会の当時、”ドンジュの時には韓国語ができなかったが、韓国語の練習を一生懸命やったね”という書き込みを見たことがある」


と日本人に間違われてたことを説明しました(;’∀’)!ㅎㅎ

一方、彼女は幼少期に日本で生活を送り、「パクヨル」で日本語演技だけでなく日本人が駆使する韓国語の演技まで披露し、好評を得ました( *´艸`)♪

②俳優 オム・テグ

韓国映画「密偵(밀정)」で義烈団を追う日本人警察役を引き受けて熱演した俳優オム・テグ☆


彼は劇中の橋本役を完璧に演じ、劇の没入感を高めました!!

特に、任務遂行に失敗した情報員の頬を叩く場面を通じて強烈な印象を残したり・・・


彼は、最初日本語が全くできませんでしたが、配役に向けて二ヵ月間日本語の台詞を録音して必死に練習して話題になりました(^^)/♪

全てを読む

関連するキーワード