大企業から飛び出して大ヒットした韓国スター♡

”学歴社会”の韓国!!!


韓国芸能界には、安定した職を得るために学業に専念し、今とは全く違う職業だった人も少なくはありません☆

そこで今回は、大企業を退社して大ヒットした韓国スター4人をご紹介します( *´艸`)♡


どの韓国スターも大成功していますよ♪

①歌手 Eric Nam(エリック・ナム)♡

億台の年俸をあきらめて、歌手の夢を叶えた韓国スターがいます!!


まさに韓国の人気歌手「Eric Nam(エリック・ナム)」です♪


彼はボストン大学で国際関係学を専攻した後、世界4大会計法人会社“デロイトニューヨーク本社”に就職しました!


初任給が約100万円ほどだったといいます(;’∀’)!!!!!


ところが意外な連絡を受けるようになります・・・!!!

休職届を出し、インドでボランティア活動をしていた中「偉大な誕生2」製作陣に出演の提案を受けたのです!!


歌手の夢を諦めることができなかった彼は、オーディションを受けます!


しかし、1000万円の年俸を諦めるのは容易ではなかったのが現実だそうですㅠㅠ

究極の選択で岐路に悩むエリック・ナムに、両親は・・・


「一度生きる人生で最もしたい、望む夢をかなえて生きるように」


とアドバイスしたそうです!!


そして夢を達成した彼は、心を虜にし”1家庭に1エリック・ナム(が必要だ)”という修飾語を作るほど人気の韓国スターになりました( *´艸`)♡

②チン・ギジュ♡

韓国女優チン・ギジュは、2007年中央大学コンピューター工学部に入学し、副専攻で新聞放送学を勉強しました♡♡


大学時代の間、優秀な成績を誇った彼女は、サムスンSDSに入社し、ITコンサルタントとして2年間勤務しました!!


その6ヵ月後、代理に昇進する機会を控え、辞表を提出しました。。。


チン・ギジュはSBS番組「本格芸能夜中」に出演し、大企業を辞めた理由について・・・


「この仕事を続けていて幸せになれるか?という疑問を抱いた」と打ち明けました!!

全てを読む

関連するキーワード