【2019年版】辞書に載ってない新造語第二弾を発表♡!!

「新造語」とは・・・


最近の時代に新しく生まれた言葉で、インターネットや携帯電話の使用が普遍化しながら、より速い意思疎通のために言葉を縮めたり、合成して作られた言葉をいいます♪

これでさらに韓国人に近づける♡


前回第一弾に引き続き。。


2019年流行韓国の新造語第二弾をご紹介します(^O^)/

【第一弾】おさらいはこちら♪

【韓国語】2019年新造語⑩選♡

①아이엠그루트(アイエムグルトゥ)

「アイ・アム・グルート」


解説:芸能人や政治家などの有名人に対して非難したいが、悪口を言うのを我慢する時に、代わりに言う言葉です。

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』に登場する人格を持った木のキャラクター、グルートは「アイ・アム・グルート(I am Groot)」しか話すことが出来ないが、そのフレーズだけで喜怒哀楽を表現します。


ネットユーザー達は悪口を言いたいけれど、問題にならないように怒りの意味を込めて「아이엠그루트」と書き込みます(・。・;

②롬곡옾눞(ポクプンヌンムル)

「爆風の涙」


解説:폭풍눈물(爆風の涙)を逆にした言葉。嵐のように激しく、とめどなく涙を流すことを意味します。逆さまですが、意味に変化はないです。

全てを読む

関連するキーワード